猫が好きなんです Catsmemory

我が家の猫達の記録です。個人で出来る範囲の保護活動を行っています。

ライオン頑張りました

f:id:boeko:20200313235219j:plain

ご報告です。ライオンは3月11日午後9時ごろ亡くなりました。

昨日火葬をし、お骨は引き取ってきました。遺影はこの写真にしました。とても思い出がある写真ですので次の記事に書きます。

何か体調を安定させる方法はないかと模索しましたが・・・残念ながらこれといったものはなくあっという間の二週間でした。

3月10日の出来事

www.catsmemory.com

反対側の出血は朝には止まっていたので安心しました。

「ライちゃん、おはよう」と声をかけると「にゃん」といってゴロゴロと喉を鳴らしてくれるのが嬉しかったです。

ペットシーツの交換をしたいのですが、もう自分では起き上がって歩く力はありません。抱きかかえて別の場所へ移動させて交換するのですが、抱える時に傷をつけて出血したらどうしようと気が気ではありません。

動かすだけできついようで少し呼吸が乱れます。交換後、水を口元へ持っていくと飲みたそうにしますが自分からは飲みません。

ティッシュで湿らせて口元を濡らしてあげると少し舐めましたが、やはり口が痛いようで吐くようなしぐさをします。

ただでさえ血がかなり少なくなって酸欠状態なのに、吐き気はさらに体力を使います。呼吸がかなり乱れ、苦しそうに鳴くのでこのまま死ぬのではないかと覚悟しました。

昼休みに様子を見るために帰ってきた時は落ち着いていて、呼ぶとまた鳴いて喉をならしてくれました。ケージの扉を開けると最後の力を振り絞って滑り出てきました。6kg以上あった体重は4.2kgまで減りました。

夕方病院へ連れて行ったのですが「痛み止めはもう使えない。点滴も漏れるのでしない方がいい、注射も出血のリスクがある」と言われましたが注射のみお願いしました。気持ち元気になったような気がします。本当は水を全く飲んでいないので点滴もしたいのですが・・・。

3月11日の出来事

朝「ライちゃん、おはよう」と声をかけると「にゃん」と返事をし喉を鳴らしてくれます。しかし呼吸が少しおかしいような?気のせい?

ペットシートを交換しこの日は夕方まで戻りませんでした。

仕事から帰って様子を見に行くと「にゃん」と鳴いて喉を鳴らしてくれますが、瞳孔が開き気味のように感じました。呼吸もやはりおかしいです。お腹全体で息をしているような感じでした。

この日も夕方病院に連れて行ったけれど、「呼吸がおかしくなるともう厳しい」と言われたので覚悟をし注射だけしてもらいました。

家に連れて帰ってきた後、疲れて動かないと思ったのでケージを開けて猫部屋の掃除をしていました。ちょこちょこ様子を見に行くと動いていなかったので大丈夫かなと思ったのですが、次見た時寒いところへ移動し粗相をしていました。顔つきも変わって来たのでもう今日もたないなと確信しました。

そして午後9時ごろ亡くなりました。

帰って来た時の顔はいつもの顔だったので、きっと私が帰ってくるのを待っててくれたんだと思います。

ヤマと再開、そしてお別れ

f:id:boeko:20200314003315j:plain

ヤマはライオンが本当に本当に大好きでいつもこの布団の上で二匹くっついて寝ていました。ライオンが昼間外に出ているとヤマが寂しがって悲しそうに鳴いて呼ぶほどです。

それくらい大好きなライオンは体調を崩してからドンのいる場所に移動させたので、ヤマはしょっちゅう鳴いてライオンを呼んでいました。

ライオンが亡くなった後、顔だけでも綺麗にしてヤマの元へ連れて行きました。ケージ越しに「ヤマちゃん、ライちゃんだよ。」というと寝ていたのですがムクッと起きて匂いを嗅ぎました。そして小さい声で「ニャン・・・ニャン・・・ニャン・・・」と鳴くんです。この光景が可哀そうで可哀そうで今思い出しても涙が出てきます。

ケージの中にライを入れてあげると降りてきて、信じられないという感じの様子でゆっくり少しずつライの姿を確かめそして体を舐めてあげていました。

猫って結構ドライで仲が良くても、体調を崩したり亡くなると全く興味を示さなくなる子が多いんです。だからヤマの行動が辛くて辛くてたまりません。火葬に行くまでヤマの近くに安置していました。亡くなって2日経ちましたがあんなに鳴いていたヤマが鳴かなくなりました。ライが亡くなったということを理解し、しっかりお別れが出来たようです。そして少し私たちになれてくれました。

ステロイドが効かなかったのが想定外だった

ライオンは今までもよだれを出し口を痛がることがあったので、すぐにステロイドを打ってもらっていました。ライオンだけでなく他の猫も口を痛がるとステロイドがよく効きました。今回もすぐに痛みは引いていつもの生活に戻れるはずだと疑っていなかったのにまさか効かないとは・・・。

そして痛み止めであんなに出血し、血が止まらないなんて・・・。今までエイズの子は何匹もみてきましたが、貧血になる子はいてもここまでひどい出血をする子はいませんでした。エイズウイルスによって骨髄がやられるとこんなに手の施しようがなくなるのかと愕然としました。12月に血液検査をしたときは貧血は始まっていたけれど内臓はどこも悪くなくほっとしていたのですが。

2月末に体調を崩して2週間でライオンは旅立ってしまいました。まさか死ぬなんて全く想定していなかったのでしばらくショックから立ち直れそうにありません。

ライちゃん大好きだよ。