猫が好きなんです Catsmemory

我が家の猫達の記録です。個人で出来る範囲の保護活動を行っています。

ただ可哀そうな子猫を見たくないからするんです

3年ほど前から駐車場を借りているんですがその付近に猫が数匹います。野良っぽいのもいれば半野良、飼い猫っぽいの様々です。数的には3匹くらい。どの猫も痩せてはいないから、どこかでご飯はもらっている様子。

その中で1週間に1度くらいの頻度で見かけるサビ猫がいます。駐車場のオーナーさんの家にごはんの箱があったり、猫が家の前で待っていたり、家の方が可愛がっていたのを何回か見かけたので飼ってるのかなと思っていました。そのサビ猫が毎年子猫を産んでいるんですね。去年は4匹子猫がいました。半野良だから近づくと子猫達はすぐ逃げてしまいます。親猫もいつもいるわけじゃないからなかなか捕まえる機会がない。避妊すればもう産まれないのに・・・。何とか捕まえられないかなとずっと気にかけていました。いつも親子5匹でいたけれど、ある時期から子猫を見かけなくなりました。事故にあったり、カラスにやられたりしてしまったんでしょうね。チョロチョロしていた子猫がだんだん少なくなっていくのを見るのはつらかった。

来月の駐車場代を支払にオーナーさんのお宅にいったところ、サビ猫に久し振り会いました。ご飯を待ってる様子だった。連れて帰るなら今日しかないと確信しました。オーナーさんとお話してたらサビ猫は野良猫でご飯だけ食べに来て、食べたらどこかに行ってるとのこと。他にも家があるみたい。子猫の1匹は12月にエンジンルームに入ってしまい巻き込まれて死んでしまったとのこと。今の時期多いんですよね・・・。エンジンは暖かいから。色々話をして子猫をこれ以上産ませないように避妊手術をしてもよいかと話をして・・・・。家に連れてきました。

f:id:boeko:20191217223716j:plain

いきなり知らない場所に連れてきてごめんね。怖がってるから耳がぺたっとなってるけど、大人しくてとってもかわいいサビちゃんです。

色々なタイミングが合致してやっとサビ猫の手術ができます。退院したらオーナーさん宅に戻します。

家に帰って家族と「まさか人の家の猫まで避妊することになるとはねぇ」(半野良だから誰の家の猫というわけではないですけど)と話をしていました。自分の家の猫以外の避妊までするのは、私が雌猫が雄猫に追いかけられて、妊娠して、出産して、たくさんいた子猫がどんどんいなって、また雄猫に追いかけられて・・・というスパイラルをもう見たくないから。

猫の飼い方(避妊去勢・室内飼い)についてはメディアの報道が前より増えて大分世間に浸透してきたと思っていたけれど、まだまだだなぁと思った一日でした。