初海外!!台湾の占い旅行記②

前回の記事の続きです。

初海外!!台湾の占い旅行記①
お久しぶりです。今回は猫関係の記事ではありません。 6/9~6/11の3日間、台湾に行って来ました。 実は私、一度も海外旅行に行...

リンゴを食べている人たちに唖然としていたら搭乗手続きが始まりました。

システムがダウンしていたため、本来の搭乗時刻からすでに数十分遅れています。

スポンサーリンク
スポンサー

チャイナエアラインは機内サービスは良かった

パスポートと搭乗券を見せて飛行機の中へ。飛行機に置いてある雑誌は全て中国語のため私は読めません。DVDや音楽が聞けるから退屈はしなさそうですが、朝が早かったのですぐに寝落ち。

しばらく経ってガチャガチャと物音といい匂いがしてきました。CAさんたちが機内食の準備を始めていました。

「往復の旅券に2日分のホテル代合わせて4万円。機内食も出るなんてサービスいいじゃない。国内線のサービスもう少しよくするか下げてほしいわ」

なんてことを考えていたら

「ハンバーグとチキンライスどちらにしますか?」と日本語で言われハンバーグを選びました。

サラダにハンバーグ弁当、フルーツにお菓子と飲み物。

量は十分、味はどうか?お、意外とおいしい!サラダもおいしい!ますます国内線のサービス向上を願う私。機内食を食べ終わった後またCAさんが周ってきました。

「コーヒーはいかがですか?」

おぉぉ!食後のコーヒーまで用意してくれるの!さらに後ろから声がします。

「ウーロン茶はいかがですか?」

私はウーロン茶をいただきました。薄めの味でおいしかった。国内線のサービス・・・以下同文。色々事情があるんでしょうけどね。

一息ついていたら入国カードを貰いました。しまった。書き方を調べていなかった・・・。

ローマ字で書くんだよね?そのレベルです。

JALさんからお借りしました。ローマ字で書きます。

職業や住所の書き方覚えておきましょう。ちなみにホテルに着くまでWifiが使えない+英語も中国語も話せない、CAさんに聞くのも・・・「台湾の空港に記入例あるさ!!」と思って書けるところだけ書いて放置。

いよいよ台湾到着!!

約2時間で台湾に到着しました。

飛行機から降りての第一声は

「暑い。やばい。この暑さは本当にやばい。湿気が特にやばい」

「やばい」という言葉ばかり使って頭が悪いなとふと思いましたが本当に本当に!!やばかったんです!!!

気温は真夏の九州!そして梅雨なので湿気がMax!空港の掲示板29度「くもり」って書いてあったのに嘘ばっかり!!

結局この日は気温35度、湿度80%でした。

空港も全然冷えておらず生ぬるい。そして延々と歩きモノレール乗り場へ到着。

2両の青い小さなモノレール、乗客は沢山。今回は乗れないから次の便で乗ろうと見学していたら、ファンファンファンと音がなりシャンとドアが勢いよく閉まり発車!

あまりの躊躇なさに、またまたカルチャーショック。

「あれ、手挟んだりしたら絶対もってかれるよね・・・。」

「うん・・・日本とっても親切。」

むしろ日本が過保護すぎるのか。色々考えました。

途中お手洗いに行ったのですが・・・トイレに入った瞬間便座が上がっています。そして汚いです・・・。

「うわぁ・・・ありえない。気持ち悪い」

便座を下げるとまぁ汚れてはいなかったのでトイレシートを敷いて使いました。気になる人はウェットティッシュの出番です。そしてトイレの横には大きなゴミ箱があります。

そう。台湾ではトイレットペーパー基本流してはいけません。横のゴミ箱に捨てるのです。

「紙が溶けない」「配管が細い」というのが理由のようです。最初はかなり抵抗ありましたが、最終日には慣れましたね。綺麗な建物は流してもいいらしいですが詰まったりしたら嫌なので私はずっとゴミ箱に捨てていました。

色々と刺激が強すぎてもう疲れてきています。

さて入国審査です、入国カードの記載例を見たら・・・「英語」と「韓国語」しかない・・・。

仕方ない。適当に書きました。何か言われたらどうしよう、何もしゃべれないのに。悩んだ個所は「職業欄」。会社員という単語が全く思い出せなかったのです。会社員は「employee」「office Worker」と書けばいいです。言われると「あぁ」と思うんですけどね。

適等に書いて出しましたが何も言われませんでした、今思えば住所の書き方も×でした。でも何も言われなかった。日本のパスポートが信頼度高いからなのか、カメラと指紋をとっただけで通過できてよかった。

手荷物受取所が市場のようだ

やっと手荷物受取所につきました。もう刺激が強すぎて疲れています。

レーンの前で待っていたら荷物がレーンにガッチャンガッチャン当たっています。

日本のようにビニールにも入っていません。そして時々係員が手荒に荷物をさばいています。

こりゃスーツケース傷つくわー。

そしていつまでたっても荷物が来ない。ちゃんと来るんだろうかと不安に思っていたらやっと流れてきました。

到着ロビーへ移動するとやっとH.I.Sの文字を見つけました。

続く
【台北に持って行った本】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もっと台北2版 (ことりっぷ海外版)
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/6/17時点)

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする