ダリンダとオハナの調子が悪いです

JUGEMテーマ:にゃんこ

新年早々、明るい話題でなく悲しいのですがダリンダとオハナの調子が年末から悪いです。

ダリンダは年末あたりからトイレの粗相が目立ち子猫の頃から便秘がちだったので病院に連れて行ったところ、下痢をしているということ。
下痢止めをしてもらい年末年始休暇が終わってから病院に連れていくつもりでしたが大晦日に出血していたので連れて行ったところ直腸に出来ものが出来ているかもしれないということ。
年末年始休暇が終わってから触診をしてもらいます。
お尻をティッシュで押さえると汁が出ており痛がります。癌じゃないといいけどなぁ・・・。

オハナは・・・1.88kgしかありません。
どうも11月に行った避妊手術(TNR)余計に体力を消耗しているようです。
水もあまり飲まないしフードも全く食べません。
体温も低く、暖かい室内であんかを敷いてあげていますが体力的にもつかどうか・・・。
目も瞬膜が出ているので覚悟しているところです。
通院で体力が回復してくれると嬉しいけど・・・。
痛い手術を乗り越えて、やっとやっと毎日ご飯を食べれる・声をかけてくれる・なでてくれる環境ができたのに、このまま死んでしまうという事は非常にかわいそう。

TNR活動、不幸な猫を増やさない立派な活動だとは思いますがこのように体力を消耗して死んでしまう猫達が一体どれくらいいるのだろうか。
長期的にみると猫は減るわけだから結果的によいことなのか。
でも猫自身の事は全く見ていない。
結局人間の都合で振り回されていてわいそうで仕方がない。
だからこそ生きてほしいと心から思っています。ベストをつくします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー