猫シェルター「東京キャットガーディアン」に行って来ました【大塚】

JUGEMテーマ:にゃんこ

今回も私の感想です。このように感じる人もいるのかという程度でお読みください。

新宿の猫カフェを出てもう一店舗くらい行ってみるかなと今度は保護猫カフェを探してみました。
そこでヒットしたのが「東京キャットガーディアン」
一度メディアに出ているのを見たことがありました。大塚に宿をとっていたので、気になっていたし期待して行ってみることにしました。

ここもビルのテナントがシェルターになっています。
エレベーターであがると降りた瞬間「くさい」
さっきの猫カフェよりも匂いが強い。まぁ頭数が違うから仕方がないかと思い受付へ。

名簿へ名前を書いて身分証の提示と寄付をお願いされます。名前だけを確認しているようでしたが、どうして身分証を提示しないといけないんだろう。寄付はほぼ入場料と同じ感覚ですね、免許証の更新の時にお願いされるような感じを受けました。猫の生活費になるのならと思い寄付してきました。(一人1,000円が平均のようです)

見学者は結構多く面談をしている方もいました。
フロアは天井が高くロフトのような感じでスペースが作られています。
建築の事は分らないので何とも言えませんが、歩いていて怖いなと少し思いました。

ざっと一周して思った事は「汚い」「くさい」「猫の管理が適切にされていない」ということ。
まず「汚い」ということについて。
全体的に白でまとめられ大きなガラスもあるので、写真を撮ると開放感があって綺麗な場所に見えます。
大きなガラス、開放感あるけど真夏は地獄の暑さだろうなと思いました。
床は所々黒ずみ、とても掃除が行き届いているようには見えない。
ソファも毛だらけ。床に直に座りたくないんです。
エアコンも入っていたけど少し暑かった。絶対フィルターが毛だらけで空調がきかないんだと思う。
棚には猫雑貨が飾ってありますが、あまり手にとって見たいなという気にはなりませんでした。
ロフト部分に我が家でも使っているピュアクリスタル(猫用給水機)が置いてあったので見てみたら、フィルター部分黒すぎじゃない?画像検索してもあの状態のピュアクリスタルは出てこなかった。あれは活性炭の色じゃないと思う。水が出てくるところのピンク部分がどす黒く透けていました。

次に「くさい」ということ。何でこんなに臭いのか原因を探していたら、猫のトイレ管理が全くされていないから。
うんちをしているのに放ったらかし、トイレからこぼれていても放置。
そりゃ匂うわ、納得でした。
本当に匂いがひどくてね、具合悪くなる人いるんじゃないかしら。
せっかく猫を貰おうと来ているのに長時間その場所にいたいと思えないのはかなりのマイナス。猫と遊びたくてもあの匂いの中では・・・。
猫を飼うとこんなにくさくなると思われるんだろうなぁ。

最後に「猫の管理が適切にされていない」ということについて。
フロアをウロウロしている猫は数匹です。残りの大多数の猫達はペットショップに置いてあるようなガラス製の狭いケージに入れられ、重ねられています。それも電気をつけないといけないくらい暗い場所に、ロフト部分はまだ陽があたりますが。
第一印象は「雑種猫のペットショップ」みたいということ。ワクチンが済んでいないとか、治療中とか、まだ慣れていないからという事でケージに入れているそうです。
ローテーションで外に出しているのかは不明ですが、ケージに入れられた姿はとてもかわいそうでした。
トイレの猫砂は少なかった、うんちをしていても猫砂が少ないからかぶせることも出来ない。トイレからこぼれていても掃除もしてもらえず汚れた床の真横で寝る猫達。
こんな不衛生な猫達を貰おうと思うかしら。いくら検査して異常がないと分かっても。
ケージには「○○ごはんを25g」など猫によって食べさせるフードの名前と量が記載されていましたが、そこをきっちりするよりもまずトイレ掃除を徹底しないといけないんじゃないのと呆れました。
ご飯皿は紙皿でした。深いタイプの紙皿ではなく浅めの紙皿だからご飯もまき散らかし。

フロアを歩いている子猫を抱っこしてみると爪も全く手入れされていません。伸び放題。ほかの猫を怪我させたり見にきたお客さんを怪我させることもあるだろうなと思います。
目やにも出ており鼻も汚れていました。乾いていて黒くなった状態のものが目尻と鼻ににたまっていました。
ちょっとティッシュで拭いてあげればすぐきれいになるのに・・・。1匹は嫌がらなかったので手入れしてきました。

ロフト部分で寝ている猫達を触ったら、だんだん怒るんです。
あれは性格のせいじゃないな。ストレスが相当たまっているはず。
毎日撫でてもらったり声をかけてもらったりしてないんじゃないかなぁ。

2時間くらいは滞在しましたが、いればいるほど猫達がかわいそうという印象しかうけなかった。
適切な食事と医療はとても大事です。ですがその前の段階生活環境があまりにも悪すぎる。
いきいきと生活してるのを期待をしていっただけに、ここもがっかりして出てきました。

あの環境じゃあ外にいる方が幸せなんじゃないかと個人的には思う。

沢山の猫に早く里親様がみつかりますように。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー

コメント

  1. リン より:

    はじめまして。通りすがりでコメント失礼いたします。
    私も最近TCGに行き、同じように違和感を持ちました。
    ここの猫達は神経質に唸る子がやけに多いなと思いました。
    不満そうな鳴き声があちこちから聞こえ、ケージの隅で項垂れてる子やストレスで自分の毛を毟る子もいて、胸が締め付けられましました。そして臭くて汚かったです。
    何とかしてあげたいですが、全部引き取るわけにもいかないし、引き取ったところで次の入所猫が同じ目にあうだけだしと、遣る瀬ない気持ちになりました。
    本来は良い取り組みのはずですので、一日も早く現状が改善されることを祈っています。

  2. ぼえ子 より:

    リン様
    こんばんは、お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
    同じように違和感を感じてらっしゃる方がいることが分かり自分の感覚が間違っていなかったということを改めて感じました。
    他の方のブログやHPを見ると活動を褒めることばかりで猫の事をしっかり見ている人がおらず非常に残念に思っていました。
    本当に汚く臭かった。メディアと実際のギャップがありすぎてかなりショックでした。
    今思い出しても辛いです。本も売ってあり試し読みをしてみましたが現場を見てから読んでみると矛盾ばかりと怒りが湧いてきました。
    見学者に猫を飼うとあんなに臭くなり、気まぐれで攻撃してくる(本当はストレスが溜まっているから攻撃するんですが)近づいても寝てばっかり。という印象を受けられ縁が流れてしまう事もあるだろうなと考えると本当に残念です。
    保護活動の先駆者として活動されてきたことは本当に尊敬しますが、今では保護・譲渡が目的となってしまい肝心の猫達の生活環境やメンタルがおろそかになりすぎています。私はあのような生活環境は虐待だと感じました。
    引き取り手がいなければあの環境に寿命がくるまでいなければいけないと思うと生き地獄です。
    厳しい生活だけれど手術をしてもらい元居た場所で生活する方がどれだけ幸せでしょうか。
    このような感想を持たれた方が他にもたくさんいるはずです。
    その声が届き一日でも早く環境が改善されることも私も強く望みます。
    コメントありがとうございました。