子猫用ミルクの作り方

JUGEMテーマ:にゃんこ

地元の情報誌のペットコーナーが子猫だらけで胸が痛いです。
ちょうど3か月くらいの一番かわいい時期の子たちが載っています。
これからは秋出産ラッシュがやってきます・・・。
野良猫は母猫が母乳を与えるので子猫達がチョロチョロしだす頃には離乳しているのですが、人に捨てられた子の中には乳飲み子がたくさんいます。

離乳前の子猫を保護しどうしていいか分からない方のためにメモっとこうと思います。

子猫ーズには森乳サンワールドの「ワンラックキャットミルク」をあげました。子猫ーズは離乳していましたが、カリカリだけだとあまり食べないのでミルクをふりかけて食べさせていました。
ミルクは何でもいいと思います。スーパーかドラッグストアにあったものを買ってきました。
ペットショップにも売ってあります。液体よりも粉の方がよく飲んだように思います。

子猫用ミルク★ワンラックキャットミルク

スポンサーリンク
スポンサー

猫に牛乳は与えないでください

「猫といえば牛乳!」「わざわざ猫用ミルクなんて買わないで、どこにでもある牛乳でいいじゃない」と思われる方もいるかもしれません。

猫用ミルクと牛乳では成分がちがいます。

牛乳には猫にとって消化しにくい成分が入っているため下痢を起こしてしまうことがあります。

下痢を起こすと脱水症状になってしまい子猫には命の危機になることもあります。

犬用ミルクも成分が違いますので下痢を起こす可能性があります。

子猫用ミルクの作り方

①お湯をコップに入れ、ラベルの表示に従い必要な量を哺乳瓶に入れる。
※お湯をまっすぐ哺乳瓶に入れない理由は直接入れると熱すぎるから。一回移すことによって程よく冷めます。

冷たすぎると体が冷えますし、熱すぎるとやけどする。ミルクを作っているうちにほどよく冷めますので慌てず作ってください。
②計量スプーンで必要量のミルクを哺乳瓶へ入れる
③乳首をセットし中身が飛び出てこないようゴム部分を持ってシェイク

※ミルクは作り置きをせず授乳するたびに作ってください。

去年の10月に保護した子に使った哺乳瓶はこちらのタイプ。

保護活動をしてる人から「もっと使いやすい哺乳器があるわよ!!」と言われ使ってみたんですが、個人的にこのタイプの方が良かったです。
先端はハサミで自分で切らないといけません。
この加減が難しいんです。
深すぎるとドドドっと出てきてしまうし、浅いと出てこない。

吹口はどれくらい切ればいいの?

①ほんの少し先端を十字に切ります
②水を入れ逆さまにしゴムを抑えるとじわっと水が出てくるくらいが理想です。
※水がポタポタと落ちてくるようでは切りすぎかも。

ミルクはどうやって飲ませるの?

まず、仰向けでは絶対にのませないでください。
気管にミルクが入ってしまいます。人も仰向けで飲み物飲むのってすごくつらいですよね。
正しい飲ませ方は
①子猫を腹ばいにし頭をあげて飲ませる
※子猫が母猫のおっぱいに吸いついているイメージをしてください。
それかエジプトのスフィンクスがちょっと顔あげてるイメージ。
哺乳器は45度くらい傾けるとやりやすいです。
乳首の先端が見えなくなるくらいまで奥に入れて飲ませます

元気な子は↑のやり方で自分から吸いついてくるからいいんですが、衰弱している子は人が介助してあげないといけない。
去年の10月に保護した子は中々自分から飲む子ではなかったので、体を垂直にもって飲ませていました。

小さすぎたり吸いつく力が弱い子はスポイトやシリンジを使って数滴ずつ飲ませるのがいいです。元気が出てくれば自分から飲むようになるので頑張りましょう。

写真がないからちょっと分かりづらいこともあると思うけど、検索すればたくさん画像が出てくるので慌てずやってみてください。

一日に飲むミルクの量は?

説明書の通りの回数を目安にしましょう。

子猫の健康状態によっても変わってきますので獣医さんに相談するのもいいです。

健康な子猫ならお腹がすくとウロウロしたり鳴き始めたり、先住猫がいればご飯を食べようとしたりとにかく落着きがなくなりますのでサインはすぐわかると思います。

子猫がミルクを吐いたら・・・

基本的に子猫はミルクを吐きません。

飲みすぎたり、むせてたまに吐くくらいなら心配ありませんが飲ませるたびに吐いているのであれば体に異常がある証拠です。

子猫はすぐ衰弱しますので早く獣医さんに見せてください。保護した子がしょっちゅう吐いていたので病院にいったところ大量の寄生虫がいたため吐いてしまっていました。

虫下しが終わったあとは元気よくミルクを飲むようになり吐くこともなくなりました。

いつまでミルクを飲ませるの?

基本的には乳歯が生えていたら離乳です。
ただ歯が生えていてもあまりにも食べ方が下手で食べれないようであれば、しばらくミルクを飲ませても問題ありません。
ウェットやカリカリの上にミルクを振りかけてあげると食べてくれやすいです。
ウェットの方がよく食べますが下痢もしやすいので、なるべくカリカリを与えるようにするのがおすすめです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする