夏の風物詩

JUGEMテーマ:にゃんこ

残暑お見舞い申し上げます。
九州地方は明日も最高気温37度くらいです・・・・・。
熱中症にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

はい、夏といえばセミ。毎年我が家の風物詩になっている写真をご覧いただきたいと思います。

キ ャ サ リ ン が セ ミ も っ て き た 。

ベランダが騒がしかったんですよ。ガタッガタッという音とブーン、バサバサという羽の音。
あぁぁセミやん。またキャサリンよ。と見に行くと案の定キャサリンがセミを口にくわえてこっちを見てました。
しかも大きなクマゼミ。こっちでは通称ワシワシゼミと言います。
キャサリンはしまったという顔をしながらも口にくわえたセミを離そうとはせず別の部屋に猛ダッシュ。ほかの猫達もセミが珍しく全員キャサリンの後を付いていく。

床に置かれたセミはケガはしていないけれど6匹の猫に囲まれ恐怖と疲れ(勝手な想像)で動くこともできず猫達の前足でチョイチョイ触られていました。
1週間しか生きれないセミになんてことをしているの!!とすぐに助けてあげたいのですが・・・。私虫が非常に苦手です。
その後家族が救出して逃がしてあげました。

色々な夏の風物詩がありますが、我が家ではこの光景が夏の風物詩です。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー