子猫と親猫やっと捕獲しました1

JUGEMテーマ:にゃんこ

悪戦苦闘していた親猫と子猫やっとやっと捕獲しました。
いやぁすごく神経使いました。疲れた。捕獲するまでの経緯を何回かに分けて書こうと思います。

親猫です。この子はミケミやライオンを捕獲するときに一度見かけていました。
結構人なれしていて捕獲は簡単そうでしたが、おなかをみると授乳中のような感じだったので捕獲はせず時間を空けて後日捕まえようという話になっていました。
ミケミたちを保護して数日後、知人の方から「親猫が子猫たちを連れて毎晩ご飯を待ってる」と連絡がありました。
子猫は3匹、サイズは小さいけれどカリカリを食べている。
またまた楽器を習っている地域猫活動をしている先生に連絡して「餌付けして親猫と子猫を捕獲しよう」と決まりました。
いつも子猫たちが出入りしているというお宅の物置付近にフードを置いてみましたが、いつまでたってもでてこない。
警戒しているのかと思い、しばらくはその場所で餌付けをするようにしました。
ご近所に子猫たちを保護するまではご迷惑をおかけしますと挨拶と捕獲用のケージを敷地内に置かせてもらえないかとお願いに行ったところ・・・。
Aさんは了解しましたと返事を貰いましたが、Bさんは「地域猫とか保護とか全く興味がない。というか猫に興味がない。協力してほしいというのはあなたたちの都合。私には関係がないこと、絶対に協力はしないし敷地内にものを置いたりしたら警察を呼びます」といわれました。
Bさんその場所で何十年も商売してる人なんですけどね。
正直びっくりしました。猫好きは不幸な猫を減らしたい、猫嫌いは猫がいなくなると被害が減るから双方にとってメリットがあると思うんだけど。捕まえるために何かしてほしいなんて言っていないのに。
まぁ結局、親猫が子猫を移動させてそこにはいなかったんですけどね。
その場所は危険と判断したんでしょう。
しばらくはどこに子猫を移動させたか様子を見ることになりました。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー