猫のアレルギー

JUGEMテーマ:にゃんこ

画像の説明
猫アレルギーは有名ですよね。人が猫触ったらかゆくなるとか湿疹ができるとか。
猫にもアレルギーがあるって知ってますか?
この子の名前は強(きょう)です。おなかの毛がなくなってるんです。
2~3年前から夏になると耳とおなかをかきむしっていました。蚊に刺されているのかと思い蚊取り線香を焚いたり、何かストレスかと考えたりもしたけど他の猫との関係も良好だし秋になると元に戻るしということで特に何もしていなかったのですが・・・。
つい最近いきなり左目がただれて元気がなくなったんです。ケンカして傷が入ったのかなーと思って病院に連れて行ったら
先生「何かのアレルギーじゃないかなー」

症状

目のまわりや背中、お尻にかけて、かゆみや発疹、脱毛など アレルギー性皮膚炎になると、一般的にかゆみをともなう発疹(ブツブツ)や脱毛が目のまわりや背中などに現れます。
猫がその患部を気にして、しきりにかいたり、なめたりすれば、皮膚の炎症がますますひどくなっていきます。

原因

ノミやダニ、食べもの、花粉やハウスダストなど原因は様々

治療方法

アレルゲンの特定は困難。症状に応じたステロイド剤などの投与と食事療法で、かゆみ・炎症の緩和をめざす
強(きょう)の場合は注射と軟膏、飲み薬を出してもらいました。
今日の朝には目の炎症はだいぶ治まりました。しばらくは病院通いです。 アレルギー・・・長い付き合いになりそうです。 ※9/10追記 フードについて本を読んだり色々調べていると、市販のフード(穀類や添加物)でアレルギーを起こす可能性が高いということがわかりました。 フードを変えて来年アレルギーが出なければフードが原因だったということになりますね・・。

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー